リサ・ラーションさん

去年の年末、表参道ヒルズで出会ってしまいました。
d0052879_23512221.jpg




 特に買い物するつもりもなく、ふらふらとしていたら洋書の絵本や写真集のセレクトショップで足をとめました。

 写真の見聞を広めるために写真集の1つくらい買わにゃぁ〜と思っていたのですが、本の合間に置かれたこのアザラシと目が合ってしまいました〜>_<
このとぅるり感にヤラれたのですが、なんとなく北欧雑貨系の本で見かけるシロクマの置物と雰囲気が似ているなぁとも思いつつ・・・おウチに連れて帰りました。
 毎日、カメラと一緒にこのアザラシを忍ばせる日々が続き・・・。

ふと最近、アザラシの裏に「Lisa L SWEDEN」と書かれていたのを思い出し、検索してみると・・・。
リサ・ラーションさんの名前が。
陶芸家で有名な方だったのですね・・・^-^;
リサ・ラーション:swedenstyle.com
 無知でした・・・。
そして、私が北欧雑貨系の本でよく目にしていたシロクマの置物の作者でもあったのです。おそらく、スカンセンシリーズと呼ばれる北の動物シリーズの中のアザラシが、私のおウチにいるアザラシと思われます。
アンティークの一品モノとかではないですが、私には素敵な出会いとなりました。

 このアザラシがリサさんの作品と分からない時から、
「いつか、このアザラシが生まれた場所へ行ってみたいなぁ」と思っていたのですが、いろいろ検索してみると、リサさんの工房はオープンで見学された方もいるようですね。

今までの人生で2回しか海外旅行に行ったことのない身ですが、ストックホルムに行って、リサさんの工房に行って、アザラシの里帰りを果たしたい!!
というのが、2007年最初の妄想でした。
by garapii | 2007-01-11 00:35 | 思う


<< 正方形 あけましておめでとうございます >>