光を学ぶ

d0052879_1121826.jpg




今まで、撮影時の光を自分でコントロールして撮ったことって・・・。思い返したら、初めてPhotodaysに参加して、レフ板をあてたことくらい。^-^;
あとは、ほとんど何もせず、その場のあるがままの光で撮っています・・・。

今回は、スタジオで使用するようなライトを使った小物撮影実習に参加しました。
ライトに照らされたテーブルの上には、ふだん「こんな写真撮れたらなぁ」と思う雑誌にのっている写真と同じ世界が!!
もう、それだけでテンションがあがってしまって、自分の気持ちが単焦点!!
ん、いやズームレンズ!?!?
うかれまくって、撮影したので「現像楽しみ〜♪」と思っていたら・・・。

「予想外」デシタ。
いやぁ〜、やっぱり奥が深いっすね。写真は。

エッグブラザーズ(オーナーamarettoさん)とあなごーずの集合写真は、彼らの初対面にも関わらず、気さくに打ち解けている様はまさに「欧米か!」とツッコミたくなりますが、きっと、もっとエッグブラザーズの顔が明るくなっていた方が良いだろうし、アングルも微妙でなんだか、すべり台のように手前に彼らがすべってきたような微妙な角度・・・。
反省点はいっぱいあるけど、それだけものすごく勉強になりました。

と同時に、「自然の光は、神様からの贈り物」という喜びもかみしめつつ、写真を見た人が「あ、これイイな」と思ってもらえる写真を撮れるようにガンバロ。
by garapii | 2007-03-19 11:37 | カメラ・写真


<< 癒しの源 街を駆ける >>